不眠・眠りが浅い

もう大丈夫!

ぐっすり眠って

気持ち良い朝を迎えたいあなたへ変われました!

眠れないって本当に辛いですよね

人間は生涯の3分の1を眠って過ごすといわれています。

身体にとっても睡眠は非常に重要で脳や身体の回復、ホルモンの分泌などが活発に行われるのが睡眠中です。

しっかりとした睡眠がとれないといろいろな不調を伴うことも多いです。

「いつの間にか気にせず寝れるようになりました」

「気持ちよく朝を迎えられています」

そんな声をたくさん頂いています。

我慢せず一度ご相談ください。

メディア掲載

あなたに知っておいてほしいこと

不眠にも種類があります。

①入眠障害

眠ろうとしてなかなか眠れない「寝つきが悪い」ケース

横になってから実際に眠りにつくまで30分以上かかる日が何日も続くと眠らなくてはというプレッシャーが強くなり余計に眠れなくなってしまう。

②熟眠障害

何度も目が覚めたり眠りが浅いと感じるケース

寝ついたにも関わらず、尿意や夢などで何度も目が覚める「中途覚醒」が原因のこともある。

自覚がなくても熟睡したという実感がないなら熟眠障害の可能性がある。

③早期覚醒

早朝に目が覚めたり、起床予定よりずっと早く目が覚めたりして、そのまま眠れなくなる。

高齢者に多い。

あなたはどのタイプでお悩みでしょうか?

どのタイプにも共通して重要なことがあります。

それは・・・

自律神経を整える 

ということです

自律神経と睡眠の関係性

様々な不眠の原因は自律神経バランスの乱れで起こると言われています。

自律神経には2種類あります。

交感神経:身体が緊張して、活動状態にする神経。外部のストレスなどへの防衛反応として、体は緊張する
副交感神経:身体をリラックスさせて、落ち着かせる神経。夕方から眠くなったり、睡眠が深くなったり、自然治癒力が働く

このように自律神経は相反する働きをしていて、バランスが乱れて不眠が起こっているということは、この2つが働くべき時にうまく働けていないことが考えられます。

睡眠時には副交感神経が優位に働いている状態です。

しかし、副交感神経が働きたいときに交感神経が強く働いてしまうと、こんな状態が続きます

・呼吸が速くなる、血管が縮こまり、胃腸の働きが抑えられる、心拍数が増加する
→少しの緊張で、突然の発汗・めまい・呼吸困難・吐き気などに襲われる
その他イライラしたり、眠れない、食欲不振など
・幸福を感じさせるセロトニンというホルモンが少なくなる
→ちょっとしたことで不安に襲われて、怖くなってしまう

つまり、ゆっくり眠りたい。くつろぎたい。時に交感神経が強く働いてしまい、

眠気が起こりにくく、眠ってしまっても浅い眠りになってしまったり、すぐに起きてしまったりしてしまいます。

わかりやすい例えとしては、

「明日の遠足を楽しみにしている小学生のような状態」でしょうか。

もちろん、不眠で悩む方にとってそれは楽しいものではないのは承知しています。

その交感神経が強く働いてしまう原因は悩み事やお仕事など人によってさまざまあります。

また、更年期には、女性では閉経に伴う女性ホルモン(エストロゲン)の減少が起こることも原因の一つになります。

女性ホルモンを出すように指示を送る脳は女性ホルモンがうまく出ないことで、さらに強く、女性ホルモンを出すように指示を送ります。

このアンバランスによって自律神経は混乱してしまい、イライラしたり、動悸がしたり、急に汗が出たり自律神経失調症と同じような症状が出てしまいます。

このため更年期に差し掛かっておられる方は不眠に陥りやすい傾向にあります。

これは月経のある女性だけではありません。

男性も同じように男性ホルモン(テストステロン)の減少が起こります。

男性ホルモンにはストレス解消や抗うつ薬にも入っている「一酸化窒素」を作り出す効果があるため、女性の更年期と同じようにイライラしたり、不眠症になったりします。

更年期症状は女性だけの悩みと思われがちですが、男性も安心してご相談ください。

不眠でお悩みの方にはこんな施術をします。

1つ目は、しっかり身体のゆがみを整えます。

こうした原因不明の不調=自律神経バランスの乱れが起こってしまうのは「身体のゆがみ」や「姿勢」に問題が多くあると考えています。

身体がゆがむことで、首や肩、腰やお尻・足、全身の筋肉に負荷がかかり、筋肉が緊張して、リラックスできにくく、自律神経の副交感神経が働きにくくなったり、呼吸や血液循環がスムーズにいかないようになってきたりするのです。

残念ながら病院では、この「ゆがみ」や「筋肉の緊張」にアプローチすることはできません。

だから病院診察を受けても、原因不明の不調=自律神経バランスの乱れが改善に向かわないことが非常に多いのです。

ですので当院ではまず、しっかり身体のゆがみを正して根本的な改善を目指します。

*症状の強い方は左の写真のように傾いたりしている方が多いです。

 

2つ目は、東洋医学による施術を組み合わせていきます。

東洋医学を織り込みながら、身体全身にある経穴(ツボ)を使って滞っている気や血の巡りをうまく流れるように調整していきます。

東洋医学による施術には

・血流循環を良くする効果

・気の流れを良くする効果

・自律神経のバランスを整える効果

・免疫力を高め自然治癒力を高める効果

・体質改善作用

などがあります。

一般的な東洋医学の考え方ではイライラしたり、気持ちが昂っている時などは気が頭の方に滞っている状態です。

逆に気分が落ちている時や、元気が出ないときなどは足元に滞っているような状態です。

これらをうまく循環させ身体全身めぐらすように全身の状態を整えていきます。

実際に使うことの多い経穴(ツボ)をいくつかご紹介します。

○合谷(ごうこく)

肩こりや頭痛、歯の痛みなどからストレス、目のカスミなど幅広く効果のある万能のツボと言われています。

○神門(しんもん)

気の流れをよくしたり、緊張をほぐす効果があります。

ストレスの緩和や精神的な安定にも効果を発揮します。

これらの経穴(ツボ)を症状やお身体の状態で組み合わせながら施術していきます。

 

3つ目は、心のケアも行います。

普段からなかなか口にできないこと、家族や友人には言いにくいことなど様々あると思います。

無理強いすることはありませんが、心につっかえている1つが取れることで大きく本質的な改善に向かうこともあります。

あなたのお身体を良い方向に持っていけるように真剣に向き合いたいと思っています。

その為に少しでも悩んでいることや、普段の生活で気がかりな事もお話しいただけたらと思います。

ご予約いただく前に必ずご確認ください

・施術料金 

一般施術 初診7000円(税別) 2回目以降6000円(税別)

ご予約時に施術料金のお問い合わせがありますが、ご自身の大切なお身体を任すのですからご納得いってからご予約ください。

・健康保険は取り扱いしていません。

・施術希望日は2~3つご用意ください。

はじめての方はこちらもお読みください

当院トップページ

はじめての方へ

当院へのアクセス情報

住所〒634-0827奈良県橿原市光陽町100-6
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話0744-47-2003
ホームページを見たとお電話ください